Event is FINISHED

2020年冬期講習オープン講座『探究科学SP \博士と一緒にドラえもんを見て作る!/「みんなの未来のAI」』

Description
2020年冬期講習オープン講座『探究科学SP\博士と一緒にドラえもんを見て作る!/「みんなの未来のAI」』

長期休暇を活かし、知窓学舎の授業を体験してみたいという方、遠方で通いにくい方や他の習い事などで忙しい方でも単発でご受講いただける「オープン講座」。
探究科学は、白桃ウィンソン先生と野津直樹先生が担当していますが、今回も夏に引き続き人工知能研究者の松田雄馬先生をお迎えし、開講いたします。

**松田博士より**

人工知能(AI)という言葉が身近になりつつある昨今、
小学生にとって、その概念に触れておく重要性が益々増してきています。

「早い時期からプログラミング教育を受けさせる必要があるんじゃないか?」
「学校の勉強だけでは足りないんじゃないか」
そういった心配を抱える親御さんも少なくないのではないでしょうか。

AIをはじめとする最先端の技術は、日々世界を変えています。
グーグルやアップルが、日々発表する新しい製品を見て、
期待に胸を膨らませる人も、これからの社会に不安を覚える人もいます。

未来はこれからどうなっていくのでしょうか。

今回のイベントのテーマは「ドラえもん」です。
ご存知の方もいるかもしれませんが、ドラえもんは、単なるアニメではなく、
未来や、最先端技術への大事な考え方が詰まっています。

コロナウイルス感染症の影響が続く今、
同じ場所でたくさんの人数で楽しく過ごすことが難しいですが、
今回は、みなさんと一緒に「ドラえもん」を読みながら、
そこにはどんな「未来の世界」が描かれているのか、
どんなことを学べるのかを、一緒に考えてみましょう。

そして、今回の目玉は、みんなの未来の絵を一緒に描くことです。
手元の画用紙に、未来の絵を、博士と、そしてみんなと一緒に会話しながら、
作っていきましょう。


<開講概要>
【日 時】12/27(日)14:40~16:30(50分×2コマ)
【場 所】オンライン(ZOOMを利用)
【内 容】事前にお送りする『ドラえもん』を読みながら「科学とは何か」という問いに向き合い、これからの未来を「未来モジュールシート」と「未来画用紙」を使用し表現する講座です。
【対 象】小4~6年生 
【講 師】松田雄馬
【受講料】13,000円(50分×2コマ)※税・教材費込
【定 員】10名程度      ※先着順で締め切らせていただきます
【お申込】Peatixにて受付
【注 意】・ご受講の際には、安定したネット環境と通信機材をご準備ください。
     ・お申し込みフォームに教材のお届け希望住所を必ずご入力ください。
     ・受付後は原則キャンセル不可となります。

お問い合わせはメールよりご連絡ください
info@chisou-gakusha.jp

<講師プロフィール>
■講師 松田雄馬プロフィール
ドラえもんと同じ9月3日生まれ、大阪出身の工学博士。
AI、そして、人間がどうやってものを見て、聞いて、考えるのかを研究しています。
京都大学/同大学院卒業後、NEC中央研究所に入所。東北大学との脳型コンピュータプロジェクトを立ち上げ、博士号を取得した後独立。 2017年、“現場の知と技術の知の融合によって現場を豊かにする”ことを目標に掲げ、最先端テクノロジー開発を行う合同会社アイキュベータを共同創業。 AIやテクノロジーだけでなく、サイエンスの楽しさを伝えるコミュニティ活動を幅広く行うなかで、ママそら子ども未来館館長に就任し、レインボータウンFM「ママそらカラフルスタイルラボ」でもパーソナリティとして出演するなど、テレビ・ラジオでも盛んに活動中。
=== 著書 ===
「人工知能に未来を託せますか?」(岩波書店)
「人工知能の哲学」(東海大学出版部)
「人工知能はなぜ椅子に座れないのか」(新潮社)
「Python実践データ分析100本ノック(共著)」(秀和システム)
など多数。河合塾・駿台などの模擬試験や、京都府公立高校入試など、多くの試験問題としても採用されている。
Sun Dec 27, 2020
2:40 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
受講チケット SOLD OUT ¥13,000
Organizer
知窓学舎
282 Followers
Attendees
10

[PR] Recommended information